ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
登録ユーザ: 0
ebidiver.com免責事項
当サイトに掲載されている情報や内容、あるいはリンクや当サイトへのリンクが設定されている他のホームページの利用・閲覧で生じた、直接・間接を問わないいかなる事故・損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。
レポート - Entry for アキラ
 Syndicate アキラ's entries

2011/10/17
PVストーカー事件

Author: アキラ (8:17 am)
今週末は所用もあり、波も高い予想だったのでダイブに行く予定ではありませんでした。
しかし、アメダイのブログで「コンディション良」との書き込みに
いても立ってもいられず、日曜日の午後5時に出動しました。

確かに水はきれいでしたが、時たま頭上を越える波がまとめて寄せていました。
干潮だったので岸辺の岩がむき出しになっていて結構こわい状態。

とにかく新しい海老御殿を探して
いつもの崖の左45度30ft以上の深度を目指してダイブ。
しかし、噂の岩を発見出来ずケルプの森からひきかえす。

ケルプの森で何かが左ももあたりにあたるので
「ケルプがからまっているのか?」とふりむくと
1メートル強のあざらしが水中ライトに鼻をぶつけている。

「おわー!」とびっくり、呼吸が荒くなったので
息を落ち着けてやつを追い払うけれど、逃げる様子はまったく無し。
ライトで押しのけるのですが、どうもライトの反射板が気になる様子。

フィンで蹴っても全然効き目なし。
まさか襲われることはないと思ったのですが
とにかく鼻でライトをつっついたり、足のフィンに絡み付いてくる。
おまけに海老を探して岩の下をのぞくと
僕の横で同じように岩の間をのぞいている!
まるで大きな犬を連れているようです。

それでもなんとか海老ちゃんは一匹だけ捕獲しました。
結局岸に帰って来るまでこのあざらしにストーキングされつづけました。
仕返しに右手でライトを持ってやつの注意をひいているあいだに
左手でひれやお腹を触ってやりました。
結構びっくりしていましたよ。

泳ぎの下手な人間を心配してついてきたのか?
それとも黒いウェットスーツを来た人間を
メスのあざらしと勘違いしてナンパしていたのか?
まさか海の中でストーカーに遭遇するとは予想外でした。
まぁ、サメよりましか…。
Read アキラ's weBLog | Comments (0) | Trackback (0) | Reads (985)
Trackback URL of this entry
http://www.ebidiver.com/modules/weblog/weblog-tb.php/141
Printer Friendly Page Send this Blog to a Friend
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
copyright(c)2009 ebidiver.com