ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
登録ユーザ: 0
ebidiver.com免責事項
当サイトに掲載されている情報や内容、あるいはリンクや当サイトへのリンクが設定されている他のホームページの利用・閲覧で生じた、直接・間接を問わないいかなる事故・損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。
レポート - Most recent entries
 Syndicate weBLogs

Categories
Main : 



Most recent entries
2012/10/24

Author: ケーシー (7:23 am)


最近入手したダークバスターの兄弟分 その名もECO 何だか今風なネーミングだ。

確かにコンパクトで軽い明るさも十分ただ照射時間が短い。。。。

http://www.jpce.co.jp/SHOP/10706017.html

って訳で バッテリー技術の進歩に乗り遅れない為にも
18650バッテリー製作です。

リチウムイオン充電池 11.1V/2200mAh

3100mAh Panasonic 18650 3.6V Rechargeable Li-ion

これで30%の容量アップ そして信頼できるパナソニック製に!

でもダークバスターECOの現行モデルは2600mAhに成ってるらしいです。


左が標準バッテリー 2200mAh Sony製 右 3100mAh パナソニック製

ラップトップPC使われている18650バッテリー3本です。




ハンダ付けしてサクッと完成!

最後にグラステープグルグル巻いて絶縁させます。

そしてリチュウムイオンバッテリーを 長持ちさせる為に注意事項です。

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/scubadiving/cabinet/darkbuster-battery.jpg[img
2012/08/07

Author: ebizo (7:06 pm)
少し落ち着いてきたので報告します。

毎年10月の海老祭りに皆勤の我が家の愛犬りゅうが、8月5日早朝永眠しました。
りゅうのお別れ会に来てくれた方々、メール、電話でお悔やみを頂いた方々 この場を借りてお礼申し上げます。

さて、りゅうは昨年5月より悪性リンパ腫と戦って来ました。
抗がん剤治療の結果、昨年11月には寛解し、それ以来通常の生活に戻ることが出来ましたが、7月20日の再発。 2度目のプロトコルも効かず、わずか40日目の事でした。

りゅうは1年2ヶ月の闘病期間中、抗がん剤の副作用にも耐え、最後は男らしく一生を完結しました。

りゅうにとっては多くのダイバーに囲まれて、幸せな13年6ヶ月だったと信じています。
当分の間、私たち家族はりゅうを失った喪失感に苛まれると思いますが、力をあわせて乗り切ろうと思います。

下記に、りゅうのアルバムを作ってみました。
もしお持ちの写真ありましたら送ってください。アップロードします。
http://www.animalhealthfoundation.net/petmems/memorials.php/dID/311900



最後に、お世話頂いた方々、かわいがってくれた方々にりゅうに代わってお礼申し上げます。

ありがとうございました。

ebizo
2012/02/27

Author: ebizo (6:15 pm)
皆さんお騒がせしました。
2012/02/18

Author: アキラ (9:13 pm)


2/18/2012 土曜日朝10時
快晴、波は胸から頭、ときおり頭越え

朝いつもの崖に行くとすでに海老蔵師匠とお弟子様一名、
トム師匠の2大巨匠が海を見つめて今日のエビ予想をされておりました。



その後ケーシー軍曹、かなり遅れてテリー氏も到着。
今日のダイブはいかに?と顔を見合わせましたが
ケーシー軍曹はさくっと「パス」
僕も「パスだよなぁ」と思ったのですがトム師匠から
「今日は絶対獲れるよ」と甘い言葉をかけられましたが
命が惜しいので丁重にお断りもうしあげました。



テリー氏は何の迷いもなくさくさくと準備を整え潜航開始。
結局潜ったのはトム師匠とテリー氏の二氏のみ。

今年のエビ漁は3/21水曜日まで。
http://www.dfg.ca.gov/marine/mapregs5.asp#lobster_open
(テリーさん、これが正しい情報です)
あと何度潜るチャンスがあるのでしょうね?
2011/12/10

Author: ebizo (5:02 pm)
メンバー各位

2011年もあとわずかとなりました。
皆さん、師走をいかがお過ごしですか?

さて、2011年EBI DIVER忘年会の御知らせを致します。

日時 12月17日(土) 午後3時より
場所 EBIZO宅
形式 ポットラック

なお、当日午前中潜りそのまま仕込みを考えています。

参加可否をメール又はPMにて御知らせください。

宜しくお願いします。
2011/10/17

Author: アキラ (8:17 am)
今週末は所用もあり、波も高い予想だったのでダイブに行く予定ではありませんでした。
しかし、アメダイのブログで「コンディション良」との書き込みに
いても立ってもいられず、日曜日の午後5時に出動しました。

確かに水はきれいでしたが、時たま頭上を越える波がまとめて寄せていました。
干潮だったので岸辺の岩がむき出しになっていて結構こわい状態。

とにかく新しい海老御殿を探して
いつもの崖の左45度30ft以上の深度を目指してダイブ。
しかし、噂の岩を発見出来ずケルプの森からひきかえす。

ケルプの森で何かが左ももあたりにあたるので
「ケルプがからまっているのか?」とふりむくと
1メートル強のあざらしが水中ライトに鼻をぶつけている。

「おわー!」とびっくり、呼吸が荒くなったので
息を落ち着けてやつを追い払うけれど、逃げる様子はまったく無し。
ライトで押しのけるのですが、どうもライトの反射板が気になる様子。

フィンで蹴っても全然効き目なし。
まさか襲われることはないと思ったのですが
とにかく鼻でライトをつっついたり、足のフィンに絡み付いてくる。
おまけに海老を探して岩の下をのぞくと
僕の横で同じように岩の間をのぞいている!
まるで大きな犬を連れているようです。

それでもなんとか海老ちゃんは一匹だけ捕獲しました。
結局岸に帰って来るまでこのあざらしにストーキングされつづけました。
仕返しに右手でライトを持ってやつの注意をひいているあいだに
左手でひれやお腹を触ってやりました。
結構びっくりしていましたよ。

泳ぎの下手な人間を心配してついてきたのか?
それとも黒いウェットスーツを来た人間を
メスのあざらしと勘違いしてナンパしていたのか?
まさか海の中でストーカーに遭遇するとは予想外でした。
まぁ、サメよりましか…。
2011/10/03

Author: ebizo (5:05 pm)
待ちに待ったシーズン開幕しました.


初日の勝手にランキングです。
文句があったら、、、、、、
               教えて下さい。

1 KC 7 / 1dive
1 keiichi 7/1dive
1 hideo 7/1dive
4 oyanan 7 / 4dive
5 terry 5 / 1dive
5 yukky 5/1dive
7 ebizo 5 / 2dive
8 enchan 3 / 1dive
9 sdk 3 / 2dive
10 まえっち 2/1dive
11 じゅん 1?/1dive


x 長さん 0 / フィリピンで潜行中
x seiya 0/ びっくり腰


ちくり歓迎
2011/06/14

Author: Terry (6:27 pm)
6月10日(金)12時に出発し、北カリフォルニア州Mendocino海岸のキャンプ地へ。
数日前の波情報では9ftとか7ftという情報もあったものの、飛行機のチケットも購入しており、「行くしかないやん。」 と、ポジティブ思考で行きました。

土曜日現地に到着したらなんと、、高くて1/2ftくらいしかない、【まさかのベタ波】
干潮の時間帯である2:00p.m.頃にエントリー、水温は55度なので強烈な冷たさもなく、快適も快適。
ウニは、崖ではちょっとお目にかかれない巨大ウニ。
リングコッドも獲りたい! と、いつものように欲をだして水中銃も持っていったものの、体力が続かずアワビとウニのみで上陸。

上陸後は当然ながら 大宴会 となりました。
ウニと、アワビをがむしゃらに食べる子供たちの元気さに関心する反面、あの小さい体で、あれだけ多量のウニを食って、気持ち悪くならんのかと心配しましたが、おっさんのが心配する必要は全くありませんでした。笑

帰りの飛行機は空港のセキュリティーチェックでは、予想通りアワビとウニを見た事がない係官で、、そりゃもうスッタモンダしまして大変でしたが、長距離ドライブをしなくて良かった事を考えると、ま許せます。

写真をUPしたいと思うのですが、どうも判らず、、、別途UPすることになるかもしれません。

ほんじゃ、レポート終了っ!
2011/05/15

Author: ebizo (3:19 pm)
波なし、お日様なしの崖にて「住ちゃん」念願の初ロッキービーチダイブに動行。
メンバーは私、テリさん、エイちゃん(陸上アシスタント)、別行動のアキラさん、そして主人公の「住ちゃん」。

テリさんは当然一人でハンティングで、ヒラメ5匹、雲丹はバック一杯と言い残し波間に消える。

私と「住ちゃん」は12fから潜行。
サージが強く濁りもあり曇天下、視界も悪いことから先行きが怪しい。

水深20fの砂場に到着。
いきなり鮫ちゃんの登場。
初崖の「住ちゃん」が鮫にビビッて大パニック、、、と思いきや後で聞いたところ「見てませんでした~」 との事。
で、ダイビング続行。
途中イセエビ 、ガリバルディ、貝、蟹の観察をして15分でUターン。

途中念入りにヒラメ を探すも、影すら見ることができなかった。

15fで浮上。
ケルプに絡まりながら入った場所に戻ることができた。

エイちゃんが住ちゃんのタンクを担ぎ、崖の急坂を上がってくれたのは言うまでもない。

ハプニング
1.住ちゃんのタンクが外る
2.テリさんはヒラメ5匹には遠く及ばず
3.テリさんの高圧ホースが爆発。危うくテリさんドラエモン


獲物
シープヘッド、雲丹たくさん、
そして「森伊蔵」

ダイビング後、宴会に突入。

総括:楽しい一日でした!




写真は後日UPします。
2011/02/22

Author: Terry (8:50 pm)
<object width="640" height="390"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/MgRpwESWPLM&hl=en_US&feature=player_embedded&version=3"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowScriptAccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/MgRpwESWPLM&hl=en_US&feature=player_embedded&version=3" type="application/x-shockwave-flash" allowfullscreen="true" allowScriptAccess="always" width="640" height="390"></embed></object>

(1) 2 3 4 ... 15 »

copyright(c)2009 ebidiver.com