ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
登録ユーザ: 0
ebidiver.com免責事項
当サイトに掲載されている情報や内容、あるいはリンクや当サイトへのリンクが設定されている他のホームページの利用・閲覧で生じた、直接・間接を問わないいかなる事故・損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。
レポート - Entry for Terry
 Syndicate Terry's entries

2010/06/21
北の崖で、、遠山の金さんが見れるとは、、、

Author: Terry (9:51 am)
2010年6月19日(土)約束の時刻より20分遅刻した朝3時20分に長さんち到着。
前夜長さんは2時間、僕は45分の睡眠のみだったので、眠気が襲い掛かる。
「運転、変わりましょう!」と言ったものの、15分もしたら眠たくなって、「交代お願いします~~。」 てな具合を互いに繰り返したのち、2人とも寝ることに。 やっぱり、オッサンになると睡眠不足は応えるわ~。笑
いつも宿泊しているINN(モーテルに毛が生えたような感じ)は、この週末にNASCARのレースが近所であるらしく、宿泊代は高騰。
2人ともタバコは吸わないのに、禁煙室しかなく、おまけに、ベッド1つの部屋しかない。寝袋を持ってくるつもりが、忘れたので、最悪長さんと2人で?笑
でも、初日アワビを獲りに行く前に、INNに立ち寄って懇願したところ、禁煙で、2つベッドの部屋が入手でした。ちと高いけど、まぁ、良しとする。

北の崖に到着した時は午後1時を回っていた。
波はなく、絶好調のように見えた。添付写真。
しかし、海は急変するのだ。。崖を下っているうちに風が急に吹き始め、波が高くなるわ、風でボードは流されるわ、で結構大変でした。

で、表記にある 遠山の金さんとは、長さんの事である。
長さんはエントリー直前にウェットスーツを脱がないといけない事態がおこり、、、脱ぐのは良いが、ウェットが小さい(世間では“太った”と言うらしい。。)為、1人では着る事ができず、諸肌(上半身裸の意)さらした状態でのダイビングとあいなったらしい。

震えながらも1時間?1時間半?も極寒の海で戦った長さんの根性に拍手です。

この場所は過酷な坂ですが、平均9インチのアワビが期待できるので長さんと僕のお気に入りの場所です。

二日目20日は、前日とは打って変わって穏やかな海。
長さんの希望である近場ポイントにしました。
駐車場代金が不要な路肩駐車、エントリーが楽なところで潜りました。
この日も長さんはエントリー直前にウェットスーツを脱がねばならない事態が起こりましたが、幸い僕が居たときなので背中のジッパーを締めて差し上げる事ができました。

お疲れ様でした~!

【事態】の証拠写真を撮影しましたが、、、さすがにEbidiver.comにはUPできません。 [/url]
Read Terry's weBLog | Comments (0) | Trackback (0) | Reads (841)
Trackback URL of this entry
http://www.ebidiver.com/modules/weblog/weblog-tb.php/115
Printer Friendly Page Send this Blog to a Friend
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
copyright(c)2009 ebidiver.com