ebidiver.com - レポート
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
登録ユーザ: 0
ebidiver.com免責事項
当サイトに掲載されている情報や内容、あるいはリンクや当サイトへのリンクが設定されている他のホームページの利用・閲覧で生じた、直接・間接を問わないいかなる事故・損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。
レポート - Most recent entries
 Syndicate weBLogs

Categories
Main : 



Most recent entries
2007/11/26

Author: えんちゃん (2:16 pm)
今年最後の連休であるサンクスギビングホリデーに南からSDKさんをはじめYUMIKOMA夫妻、それに師匠/TERRYコンビの皆さんが来られ、最後のアワビ獲りを堪能しました。
まず22日にサンディエゴからSDK部隊、アーバインからYUMIKOMA部隊が到着。午後のロータイドを狙って、いつものFORTROSSへ。この日は大波注意報でロシアンリバーでは、すごいウネリが到来。一時はどうなる事かと思ったがさすが頼みのこのポイントは見事にうねりをかわしていた。おまけにネガティブのロータイドでVISIもそこそこあり、そして皆の日頃の行いがいいのか天気は快晴でコンディションは悪くない。早速入水!

<最高の天気で気合十分!>

約一時間ののちみな難なくリミットをGET!YUMIKOMA部隊もご満悦の様子で
無事初日を終了。

<夕暮れのアワビダイバー。なかなかいい写真>

翌日はテリー・海老蔵師匠一行が合流しこれまた午後から同じポイントへ。波のサイズはずいぶん下がりこれまた素晴らしいコンディションで難なくリミットをGETとの報告を受ける。

そして3日目、遠藤隊は朝の攻撃に参加すべく5時にサンノゼを出発し8時半に同じポイントへ集合。一昨日の荒波が嘘のように静かだ。VISIも文句なく素晴らしい!というわけでいつも波をかぶってなかなか入水できない左側のポイントを攻めることに。この日の朝はタイドが高くプラス7”!それでも透明度は抜群でちらちら底も見える。
着替えを済ませいざ出陣!

<この時点ではまだSDK隊員の腰にしっかりとウェイトがあった>

実際入水してみると、これは本当に素晴らしいコンディション!
水深はあるが潜ると大物がごろごろ!それも体高のあるヘルメットスタイルの素晴らしいものばかり。24個まで最後の一つとなった私は岩陰に潜む多ものをすかさずGET!テリー・師匠コンビも大型を次々にGETしているがなぜかSDK隊員がさえない。事情を確認すると潜る前からウェイトを紛失…。早くも戦線離脱…。そこで私のウェイトを貸すと、まるでアザラシのように水中に潜りまくり、良型をすかさずGET流石である。
というわけで全員リミットをGETし無事終了。

<かなりのGOODサイズにご満悦!>

ちなみに私の獲ったひとつは結構いいサイズで、これはもしかすると長さんの記録を塗り替える奇跡の大逆転?と期待に胸をふくらませ、長さんの悔しがる顔を思い浮かべながらの写真撮影!

<さあ結果はいかに?>

皆着替えも終わり、笑顔のまま帰路へ。テリーさんと海老蔵師匠はこのままLAまでのドライブSDK,yumikoma各部隊はエンチャン亭で打ち上げとなりました。ちなみにYUMIKOMA部隊は3日連続で一人9つの計18個をGET。いったいどこにしまっとくんだろう?そんな心配も必要ないくらいきっと大きな冷蔵庫があるんだろうなと、なぜか変なところに妙に感心してしまいました。

<早くもビール片手の海老蔵師匠>

うちでは、コネリンさんに差し入れ頂いた見事な海老(ありがとうございました!)とSDKさんが途中仕入れてくれたカキに加え新作アワビ料理の数々で12時過ぎまで盛り上がりました。




これにてアワビシーズンは終了!また皆さんの来シーズンのお越しをお待ちしております!パチパチ!

P.S.さて問題のアワビのサイズですが、何と9.3"で長さんの記録にわずか0.15"及ばずでした。残念!長さんおめでとうございます!
2007/11/12

Author: えんちゃん (11:04 am)
先週末はここ2週間北の町に出張中の長さんとアワビ獲りに行ってきました~今回は新婚つっきー隊員も同行!
土曜日は朝がハイタイドだったが午後から天気が崩れる予報だったので朝5時出発。途中で長さんをPICKアップしていつものポイントへ。
長さんの日頃の行いが悪いらしくポイントにつく前からシトシトと冷たい雨が…。ポイント到着時には霧雨モードだが断続的な雨と寒さで早くもめげモード…おまけに海は津軽海峡冬景色一歩手前状態…。
でもさすがいつものポイント、うまく波をかわしている。おまけにVISIもよさそうだったので入水!
1時間弱で難なくリミットをGET!透明度があったのでかなり良かった。おまけにこの時期になると例年のことながら大物が出てきていてどれも8"オーバーばかり!


その後雨脚はますます強まり帰る頃には本降りに。。。そのまま3時間かけて無事戻りました。

夕方には杉さん夫妻もJOINして家で宴会。
アワビは新しい創作メニューにも挑戦して盛りだくさん。豪勢な晩餐となりました。



酒豪メンバーとアワビの舞に高揚した長さんはワイン数本と焼酎を飲みまくり泥酔状態…。


「おっぱっぴ~って感じ、ははは~」

というわけで最後は前後不覚の撃沈と相成りました~

さて、今年のアワビ漁もあと3週間です。本当に皆さん遠征お疲れ様でした!特に6月のアワビ祭りは最高の思い出になりました!
また来年(今年も勿論)もお待ちしてます!
2007/10/11

Author: kio (3:04 pm)
昨日の昼間の12時ごろ、波がすこしあるのでサーフィンしようかなと思ったが、おもいなおして以前、フリーダイブで明け方に6匹捕まえたところの逆の方向が未開拓なのでそっちをチェックしにいくことにした。例によってフリーダイブ。

あっちこっちのあと、暫く行くと深さ3~4Mのところにいい感じの岩とイールグラスが見えてきた。潜ってみると、突然現れた2ポンド近いのを一匹をあせって逃がしてしまう(残念!)。その後、慎重に岩の周りをまわり、岩の横からイールグラスの中のほうを調べる。岩の付近はサージが結構あるが、岩にしがみつきながら調べる事は出来る。暫く行くと、なんとなく、海老がいそうな気配がしてきた。そこでさらに丁寧にイールグラスをかきわけて調べると、30~40センチぐらい先のイールグラスのなかにかろうじて海老の胴体がみえる。

(いたいた。。。)

大きさはわからないが、どうやら海老はむこうむきのようで、こっちには気づいていないらしい。私の息はまだ大丈夫。この海老の下の岩はどちらかというと平ら。まわりのイールグラスが邪魔だが、すばやく海老の胴体を岩に押し付ければ、何とかなるだろうと判断。自分の体の位置を確認し、腕をぱっと伸ばす方向をきめて。。。

えい!(と、右手をすばやく伸ばし、胴体を押さえつける)

ばたばたばた、、、くくく。。。

さらにすばやく左手をあわせイールグラスごと、胴体をつかむ。

なにか大きな感じが手から伝わってくるが、全体は見えない。
イールグラスが糸のように海老の胴体に絡まってひっぱってもとれない。

というまもなく私はサージで頭を下に、体がひっくり返って舞い上がる。
だが、海老とイールグラスをそのまま両手でがっしりつかみ、にがさないよう一生懸命。

うううう。

体にはかまわず、少しずつイールグラスをほどき、
岩に足をふまえて、体を伸ばしイールグラスごと海老をもちあげる。。

ああああ うまくいった。。。

おおきい!

全体はみえないが手に伝わってくる胴体の感じと目の前にみえる足の大きいのがわかる。
慎重に左手で海老を胸に押し付けて、もう逃げないことを確認し、水面に向かって上がりながら、ゆっくり右手でバッグのフックを開ける。

(ここまでくれば何も急ぐことはないのだ)

バッグにいれようとすると、海老の大きな足がネットに引っかかってなかなかはいらないが、もう一息。。。

ああああー

どこからか喜びがわきでてくる。

わああああ。

ネットに引っかかった足を丁寧にはずし、海老をバッグに押し込み、フックを閉め、確認する!

やったあー

周りに誰もいない水の中、ひとり興奮で体がふるえる。呼吸が速い。
こんなことってあるのだろうか?!

何となく今年は大きいのが取れそうな予感がしていたけど、フリーダイブでとは?!?!

(時々、ネットの中に海老がいるのを確認しながら、意気揚々岸にむかっていったのです。)

後で重さを量ってみたら五ポンド。

不思議なことってあるんだね!

今期11匹目、海老取りキャリア三年目の快挙でした。

いえにかえって写真をたくさんとった後、隣の奥さんにみせたら、チャイニーズのスーパーで海老の生きてるのを一ポンドあたり$12,99ドルで売っていたとの事です。

へ~。

きお

(写真は別途ギャラリーのほうにのせておきます)

2007/10/01

Author: 長兵衛 (2:03 am)
海老新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
待ちに待ったオープニングはそりゃもう大騒ぎでした。まさかこんなことがあろうとは!初めてこのレポートを読む人は「これ、本当の事?」と思ってしまうでしょうが、全て事実です。立って読んでいる人はとりあえず座って深呼吸してからお読みください。

その驚愕の出来事とは・・・

まさかまさかのテX-さんのボーズ(本人のプライドを尊重し、名前は伏字にしております)!去年8ポンド強の大物を獲って我々の度肝を抜いたベテランが2箇所も行って1匹も獲れないなんて事が信じられるわけないでしょう。「何かのジョークですか?ジョークにしてもKCさんのジョークより意味がわかりません」と散々突っ込まれてましたね。この話題で2時間は楽しめますなぁ。ここで一つ詠ませていただきます。

「ボーズでした」の報告の声 諸行無常の響きあり
言い訳しながら飲む酒の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる人も久しからず ただオープニングの日の夢のごとし

一般市民の皆さん、ダービーでテX-さんの上位に立てるのは今のうちですよ!


いやいやもっと驚いたのは、えんちゃん、JTのBB脱出!おめでとうございます。特にえんちゃんにとっては悲願の初ゲットでした。スンバらしい事です。あと、忘れちゃいけないとしこさんの2匹ゲット!やりましたね。ゆういさんは威厳を保つためにはホワイトシーバスあたり獲らなきゃいけませんぜ。


それよりもびっくりだったのは、ハルさんのエビとヒラメの同時ゲット!これは魂消た!スピアでなくナイフですから。因縁とでも言うのでしょうか、前シーズンのオープニングでやはりヒラメを獲ったが取り込みにしくじって、ヒラメばかりかエビも逃してボーズだったという事実があったそうです。「ボーズの時のうまい言い訳」だったのでは?という周囲の疑念を今年見事自分の力で払拭したのでした。超クーォ!


長々と枕で引っ張ってきましたが、この話題に触れないわけにはまいりますまい。初めてのさめひれでのナイトダイブから帰ってきた我々を待っていたものとは・・・!見るも無残なパンクさせられた車たちでした。タイヤスラッシャーによる犯行で、既にポリスがきていました。タイヤを1つやられている人、2つやられている人、泣き叫ぶ人、怒りに吼える人、まさに阿鼻叫喚地獄絵図。スペアタイヤに交換したり、サポート呼んだり、レッカー呼んだり、KCさん呼んだり、そんな中で、空気の読めないDFGのミッチェルが「エビ見せろ、ライセンスだせ」と律儀に仕事していったりして、その後ダイサーに行って、KCさんちに着いたのは5時半を過ぎていました。
図らずも犯人と会話してしまったNankoさん。無事で良かったです。それにしても卑怯な奴らですね。「犯人に告ぐ。速やかに名乗りでなさい。そしてタイヤ代を弁償しなさい。そうすれば許してやっても良い。多分何かしらの不満からの行動であろうから、その不満を聞いてやっても良い。それにエビを5匹くらいあげる。君たちの良心を信じている」という文面でPalos Verdes CommunityのNewsletterにどなたか英訳して掲載依頼していただけませんか?ポリスに顔がきく方は本事件の特別対策本部を早急に立ち上げるよう働きかけてくれませんか?シュワルツネッガーでも大統領でもCIAでもCTUでもいいので、ちょっとお願いして普通にさめひれでナイトダイブできるようにしてくれませんか?


そんな激しいオープニングの夜が明けて、さめひれ行ったら、それはそれは抜群のコンディションで皆それぞれ成果を上げていました。ツキヤマ亭での宴会も大変愉快でした。えびお好み焼きは絶品でしたねー。えんちゃんによるおろしあわびの軍艦巻きも大好評でした。ケー子さんのケーキもうまかった。つっきーさん一家もようお越しで。うーたん可愛かった。


皆様ほんとお疲れ様でした。とりわけけー子さん、KCさんにはお世話になりました。海より深く感謝しております。


さて、毎年恒例の海老祭りは10/20(土)です。海老蔵師匠がBBQグリルを新調して着々と準備中です。

今年も安全で楽しいエビとりができますように
2007/07/06

Author: ケーシー (10:05 pm)
副隊長殿から同じモデルをカリパチして比較してみやした。

作動電池は通常のアルカリで電圧はほぼ12Vです。


向かって右側青いボディのライトがマル秘LED装備です。
明らかにグリーン色っぽいです。








並べて比較すると左側のマル秘LEDバージョンの方が照射範囲が広い様な感じ?








ミラーボール撮影してみました。
通常のLEDはデラックス?眩しい感じです。







マル秘LEDバージョンは明らかに色味がグリーンです。
マイルドな印象です。
蛍光灯のソフトホワイトって感じです。






約5分点灯後の放熱板の温度です。
マル秘LEDは89度F(32度C)と以外に低温でした。







通常のLEDは101度F(39度C)に達していました。

点灯時間は正確にテストしていませんが、作動温度で判断すると
電池の消費は低くなりそうです。



LEDの点灯温度差が明るさ感に比例されている印象でした。

実際海中では微生物チリや藻が多く反射する為、眩しい程明るくない方が使い易い場合も有りますし、
結果はエビシーズンに持ち越しと言ったところでしょうか?
2007/07/05

Author: 長兵衛 (2:38 pm)
昨日さめひれで、久しぶりに「あ~やってしまった!」のセリフを聞きました。めげることはありません。どじはどじなりに前向きに生きていけばいいんです。振り返ってみると皆、何かしらのドジはしていると思います。思いつくまま挙げてみました。

ダイブ前にするドジ編
忘れ物をする-----これはけっこうありますが、大抵は他の人が余分に持っているので何とかなる場合が多いです。
海に入る直前にマスクやフィンを車に置いてきた事に気づく-----さめひれの場合、特にがっくりきます。
Tacomaの荷台に鍵をつけたままのBCを入れて、荷台の蓋を閉めてしまう-----車の鍵と荷台の鍵が別なので、運転自体はできるんですけどね。

ダイブ中のドジ編
ひらめを良く狙って打ったと思ったら、岩だった-----他の人に見られていなかったかどうか確認したりします。
エビを獲るためにライトをBCからはずし置いておいたら、そのまま忘れてしまう-----一人で岩穴にいるエビを狙う時にやりがちです。水中でライトを置こうとしたら、浮いていってしまった、というケースもあります。
エビを獲ったのにゲームバッグの閉めをちゃんとしていなかったため逃げられる-----スプリング式のゲームバッグでたくさん獲れすぎて閉まらないというのとは次元が違います。

ダイブ後のドジ編
Tacomaの荷台に着替えを入れていたため、着替えができず、ウェットを着たままJ子さんに会う-----亭主関白なS氏はJ子さんに馬鹿にされないようむっとした顔で会い、賢明なJ子さんはそれを察して笑いをこらえましたが、同席した他の女性3人は容赦なく大笑いでした。



あと何かなかったかなー?
2007/06/22

Author: ケーシー (8:30 pm)
この度某シャー〇エレクトロニクスの幹部Y氏より極秘LED球を入手致しました。

このLED球は通常の2倍の明るさが有るらしい製品です。

でも社外秘です。。。

来るエビシーズンには(気が早い)ライト無しでは話に成らぬのである。

で早速改造計画開始!













パカッて空けて。。

クルクルってまわして。。

半田付けじゅ~。。

熱伝導グリスを 塗って。。

クルってまわして。。

キュキュッと完成!

早い!

テストの結果は後日報告させて頂きます。

お楽しみに。。
2007/06/16

Author: sanko (7:52 pm)





なぬっ!?サンコがヒラメ!?
ありえねー!!!!!



・・・と興奮しているそこのア・ナ・タ














・・・大当たりです・・・_| ̄|○

今日初めてお会いしたえーちゃんにお土産にいただいてしまいました。
どうもありがとうございました。m(_ _)m

初めてストリンガーに魚をかける経験しました!
いつかは自分で獲った魚をかけるのを夢見てがんばります。




今日のダイブは波も無く、濁りもちょっと岸から離れたら全然無くて最高でした♪

ハイライトは長さんのガイドのおかげで今回初めて海中でヒラメみました!

が・・・自分見つけたのはゼロ・・・


みなさん、なんでわかるんですか???



長さんに

“あそこにヒラメ大きいのいるよ!”

と合図いただいたにも関わらず気付かなかった・・・


ケーシーさんUNITで8mくらいあったソレが逃げて行くのを見て思わずレギュレーター吹き出しそうになりました。


その後長さんがまた

“ここにもいるよ”

とつついてソレが逃げるまで気付かなかった・・・


修行が全然足りないようです。



とりあえず今回、自力で獲ったのはホタテ×4&長さんみつけたホタテの横取り×1でございました。
少し進歩していると言うことで。
2007/06/04

Author: Ke-ko3 (4:32 pm)
2007年5月26日~28日☆ 

ワイン組み・牡蠣組みとスケジュールを組み、総勢17名=車5台での出動となりました。【注:けぇ~子さん&け~し~はヘタレ組なため、1日遅れで牡蠣組みと合流】

  海老蔵師匠いつもの軽いのりで・・・『マラガよりぜんぜん楽でしょぉ~!』
  カゲちゃん・・・『大丈夫、絶対大丈夫ですよ・・・!』

ライセンスを購入したにも関らず、アワビポイントのパーキングに到着直前まで、入水をためらってたけぇ~子さんでしたが、お二人の言葉を信用し、昨年10月以来の海に入水!

ビート板=もとい・・・、ボディボードがあったのでなんとか浮いてはいられたものの、どこで誰が見てるとも限らず、潜ることを無謀にも試みる卍ッ。
もがけばもがくほど、吐き気が・・・。  あっ、すぐ横でけ~し~も玉砕してる"卍ッ!

そんな哀れな姿を見て、カゲちゃん、テリさん、師匠・・・のお陰で、私達もなんとか楽しく袋を下げて帰ることが出来ました。 どぉ~もありがとぉ~!














その後、クネクネ山道を走りに走って、牡蠣の養殖場へ到着! 美味いッ♪

ツルッツルッ食べれる! さすが鵜匠#1さまは○十個お食べになられただけの牡蠣でした(あえて何個食べたかは内緒!!)













そしてそして、今回のメイン会場えんちゃん邸へ☆  

ツッキーさんも合流し、総勢20名で、えんちゃん邸での豪華BBQでの宴会のスタートとなりました♪

えんちゃんのアワビを極めた手料理はほっんと美味しかったデス♪

えんちゃん・のりちゃん、豪華お料理に宴会のセッティングに本当にどうもありがとぉ~!



















宴会のクライマックス☆  セイヤさんとジュンコちゃん、そしてツッキーさんのご結婚のお祝に、セイヤさんが壊れたかと超ぉ~心配だったけど、無事、二人にシャンパン開けてもらって、メンバー皆についでもらいました!

おめでとぉ~~! あぁ~私も、こんな日があったっけなぁ~!??

次の宴会では誰が主役かなぁ~~!?














ダイビングを始めて(私は、口だけダイバーの時間のが多いけど o(_ _)o)、こうして皆さんと出会えて、色んな体験が出来て、楽しい時間が持てて、ほんと感激してマス。

また、浮くだけ参加アリなら・・・是非一緒に逝きたいと思えた旅でした♪

皆さん、ほんとにありがとぉ~~ \(^o^)/
2007/06/03

Author: コネリン (1:53 pm)
今日はテニスのお誘いもなく 朝から根性入れてのダイビング

まずいつものハモサ 透明度は良かったもののスカンク 次はレドンドキャニオン しかしここでもヒラチャン見かけることなく 次へーーーーなんて3ダイブ目 そして4ダイブ目 ここで後ろを振り返るといつもシープヘッドがいるではないか ず~~~っとついて来る 心の中で”俺にシープヘッドの友達はいないはずだが?”なんて思いながら泳ぎ続けることさらに数分 やっぱし そばにいる まぁ シカとして浮上 第5ダイブは数百フィート離れたところで最後のダイブを決め ブクブクブクーーーー

アンカーをチェックしてたら なんと なんと またあのシープヘッドがーーーーまさか最初は同じシープヘッドだとは思わなかったが じっと見てると同じやつかもっておもいはじめた

いくっら優しいコネリンでも”そうかッ そんなに食べてもらいたいかっ そいじゃぁ 食べて進ぜよう”ってことで ぶっすりこん

結局今日は5ダイブしたにもかかわらず ひらちゃんは無し シープヘッド1匹のみでした

この写真 おっ姫様が見たらすぐ電話がくるだろうなぁ~ なんて思いながらいっぱい飲んでいます

あれっ このレポートのとこではどうやって写真のっけるのかな~~?

誰か教えてーーー

« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 15 »

copyright(c)2009 ebidiver.com